読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am

語学&一人旅&読書 etc.について「経験」と「気付き」を共有します。

一人カラオケのススメ。〜一人カラオケ専門店に挑戦〜

前回の記事で「一人カラオケ専門店について別の機会にまとめます。」と記載しましたが、もうまとめるどころか実際に行ってまいりました!

 

alooftraveler.hatenablog.com

 

 

感想を申しますと…

 

「ちょ、超楽しい!!」

 

利用の流れや、私の体験談を早速まとめていきます。

 

 

一人カラオケ専門店の利用方法

私が今回利用したお店はこちら。

ワンカラ|ひとりカラオケ専門店

※わたくし、このお店と何の関係もありませんのでご安心を(笑)。

 

一人カラオケ専門店ってすごいですね。今やカラオケだけではなくて、オンライン英会話の授業も受けられる様子。うまいこと考えるなぁと思いましたね。

 

さて、利用までの一連の流れは以下の通りでした。

①入店

②会員登録

 店員さんに笑顔で迎えていただき、初めての利用であることを伝えたら、「まず会員登録が必要です」とのこと。会員登録は、タッチパネル式のモニターを使って行いました。氏名や住所、電話番号等を入力すると、最後にQRコード付きのレシートが発券されますので、それと一緒に自分の身分証明(運転免許証など)を店員さんに渡します。

③ヘッドフォンを選ぶ

 利用時間、利用機種を伝えるのはもちろんですが、一人カラオケ専門店ではヘッドフォンも選ぶ必要があります。個室(今回お邪魔したワンカラでは「ピット」と呼ばれていました)にはスピーカーがなく、ミュージックも自分の声もヘッドフォンを通して聴く形になります。

④いざお部屋へ

 こんな感じ!

f:id:alooftraveler:20170113222156j:plain

広さは一畳半くらいでしょうか。

前面にモニター、ふむふむ、これを見ながら歌うんだな、という感じ。

マイクは通常のマイクもありますが、ちらっと左に見えているスライドマイクも使用可能です。

⑤さぁ、歌おう!

 曲の入れ方は普通のカラオケ店となんら変わりません。デンモクがありますので、それを使って曲を予約します。

 ヘッドフォンを装着し、では歌っていきましょう!!

 

私の体験談(と見せかけてカラオケ採点自慢)

私は無駄に900円のヘッドフォン(最安が300円)を借りて利用時間1時間で入室。

入室してしばらく「ほぇ〜」と感嘆の息を漏らした後、曲を入れていきます。

やっぱり一曲目はこれですね!(注:一応20代です)

f:id:alooftraveler:20170113223110j:plain

早速採点機能ONにしてます。

勝手に採点が入るわけじゃないですよ。私が入れてるんです。

スライドマイクセッット!

 

「き、気持ちいい!!」

ヘッドフォンから自分の声が聞こえてくるわけですが、最初こそ違和感はあれど慣れれば大丈夫。しかもなんだか普段よりうまく聞こえる!(もしかしたら設定でエコーが効きすぎてたのかも…)

 

北国の春千昌夫

f:id:alooftraveler:20170113223648j:plain

きゅ、91点、なかなかやりますな。

 

『恋』星野 源

f:id:alooftraveler:20170113223821j:plain

今時の合コンはこれ歌っておけば間違いだろう。

それにしても調子が良い本日の私。

 

『若者たち』森山直太朗

f:id:alooftraveler:20170113224010j:plain

私、森山直太朗が好きなんです。

その中でも、この「若者たち」は良く聞く曲です。元々はブロード・サイド・フォーというグループの曲でそれのカバーです。

それにしても、なんか採点ゆるいの?こんな点数中々出ません。

 

若者のすべてフジファブリック

f:id:alooftraveler:20170113223952j:plain

ラスト!!

…私は誰とデュエットしてたんや。。志村と?

 

こんな具合でした。

ちなみにお気づきかと思いますが、意図的に点数の良かったものだけを載せています。何卒ご容赦ください。

 

一時間歌ってみての感想をまとめてみます。

 

一人カラオケ専門店(ワンカラ)に行ってみた感想

良い点

・みんな一人で来ているので、やっぱりお店に入りやすい。

・音質が良い(ヘッドフォンによって差はあるかもしれないが)。

 マイクもプロ仕様なので、スタジオで歌うプロの気分を味わえます。いつもよりうまく聞こえるかも!

・音痴が治る(?)。

 普通のカラオケと比較して、ヘッドフォンからダイレクトに自分の声が聞こえてくるので、「あ、今外した。」というのがよりはっきりわかります。自分の実力がわかるとともに、音程の修正にも効果がありそうです。

・オンライン英会話の授業が受けられる。

 一人用個室、遮音性といった一人カラオケ専門店の特徴をうまく使って多角化してるなぁと思います。このサービス自体面白いと思いますが、ただ歌うために来ている人にとっても、周りの人から見て「英語の勉強に来ているのか、カラオケに来ているのかわからない」ので、なんとなーく入りやすくなる気がします。「いやぁ、俺英語の勉強に来てるんっすわ」みたいな雰囲気醸し出せばなんとなく恥ずかしさが薄れる気がしませんか(笑)。

 

悪い点

・遮音性が案外イマイチ。

 店舗にもよるのかもしれませんが、私がいったところは、自分の個室(ピット)に向かうために通路を歩いていると、部屋から歌声が結構漏れ聞こえてきました。「自分のも漏れるのでは」と思うと少し萎縮してしまうかもしれませんね。ただ、結局みんな一人で来て熱唱してる「同類」なので、そこまで気にしないようにしました。

・ヘッドフォンを持ち込まないと少し高い

 1時間歌った私のお会計は2,100円でした。

 【内訳】

  ▶︎ヘッドフォンレンタル 900円

  ▶︎会員登録 300円

  ▶︎1時間利用料金(ソフトドリンク飲み放題) 900円

 ヘッドフォンが最安で300円なので、持ち込みがない場合はミニマム1,200円かかります。すこーし高いですね。ヘッドフォンを持ち込めば900円なので、普通のカラオケ店とも遜色ないです。

 

まとめ

一人カラオケ専門店に行ってみて、間違いなく今後は一人カラオケの2回に1回は専門店を利用するようになると思います(ちなみに私は週に一回は一人カラオケに行ってます)。

私はこれまで普通のカラオケで一人カラオケをしていたのですが、絶対に行かない曜日があるんです。それは、金曜日土曜日です。図太いようで意外に小心者なので、お店が忙しそうな時は避けるようにしています。しかし!今回ワンカラに行ったのは金曜日の20時台だったんですが、スッカスカでした。華の金曜日ですから、みんなで飲みに行ってるんでしょうね。。すると、みんなで入れるカラオケ店に行くんでしょうね。。と、一抹の寂しさは感じつつ、うまく使い分けしていけそうです!

 

是非興味のある方は行ってみてください!プロ仕様の設備を使って、ヘッドフォンから自分の声が聞こえて来る衝撃は体験する価値あるです。色々な気づきがあると思いますよ。

 

それでは、Good luck!

広告を非表示にする