I am

語学&一人旅&読書 etc.について「経験」と「気付き」を共有します。

TOEICで900点以上を目指す方におすすめするテキスト7選

今回は、私がTOEIC900点を超えるまでに使用したテキストを紹介していきます。

最短で効果を得たかったので、テキストは相当の注意を払って選ぶようにしていました。

あとは個人の努力次第で900点は必ず超えられます!

 

Amazonアソシエイトに一応登録はしてみましたが、これでお金を稼ごうとは思っていませんので、気軽に目を通していただければ幸いです!

 

私の英語学習歴については別途以下をご参照ください。 

alooftraveler.hatenablog.com

 

目次 

 

英文法

⒈ 「本当の英語力」は五文型で劇的に伸びる

少し古いテキストにはなりますが、「本当の英語力」はトレンドに左右されませんのでご安心ください。Amazonで中古品を1円で入手できるようです。

 

五文型の重要性については、当ブログでも紹介している通りです。過去の記事をご参照いただければ幸いです。

alooftraveler.hatenablog.com

 

「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる

「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる

 

 

 

⒉ NextStage(ネクステージ)

『NextStage(ネクステージ)』は、高校時代に学校からの指定で使用していた方も多いかと思います。

「大学受験用の参考書で良いのか。」という疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、良いんですTOEICの文法は日本の大学受験レベルで十分に対応できます。

実際に私はここ2回TOEICの文法パートで満点を取得しています。ご安心ください。

このテキストのいいところは初級から上級レベルまで幅広くカバーする圧倒的な設問数の多さです。これを何度も繰り返すことで、徐々に理解は深まっていきます。

 

ただし、このテキストを全てこなそうと思うと、ある程度の語彙力と文法理解が必要です。

単語帳についても紹介しますので、そちらと並行して進めていただくことと、わからないところは次に紹介する『Forest』を参照しながら進めていくことをおすすめします。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

 

 

⒊ Forest 

『Forest』もお馴染みの大学受験用のテキストですね。

オススメの使い方は、2で紹介したネクステージを読みながら、わからないところをこの『Forest』に頼るというもの。

「全くわからない」という方(私もそうでした)は、まず五文型を理解した上で、一度『Forest』を通読してみてください。とはいってもボリュームが大きいので、完璧に理解しようとしないでください。

ぼんやりと「なんとなく基礎は理解したかな?」というタイミングでネクステージに移行し、『Forest』は文法辞書として活用していきましょう。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

 単語帳

⒋ Duo

これまた多くのファンを持つ大学受験用の単語帳です。

私は未だにこれを手元に置いていますので、中身を少しご紹介します。

(ヨレヨレですみません。ただそれだけ使い込む価値のある単語帳だと思います。)

f:id:alooftraveler:20170109222900j:plain

この『Duo』は、短い文の中で単語を覚えてしまおう!というコンセプトの単語帳です。

世の中には、「文に散りばめられた単語を、文脈から理解・暗記していきましょう」という同様のコンセプトで作られた単語帳がたくさんありますが、「Duo」の圧倒的にすごいところが、「文を丸暗記して無駄なく単語が覚えられること」です。

他の単語帳はコンセプトが似ていても、新出単語以外の分量が多すぎる、つまり無駄が多いんですよね。

そういう意味で『Duo』は大学受験に必要な単語を、うまく組み合わせて文を作っていますので、無駄なく取り組めます。

この単語帳を作った人は天才だと今でも思いますし、『Duo』のようなTOEFL用単語帳が出ないかひそかに期待してしまいます。

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 

⒌ TOEFL3800

『TOEFL3800』は、その名の通りTOEFL用の単語帳ですが、TOEICでも活躍してくれます。

このテキストは『Duo』を終えてから取り組んでくださいね。

この単語帳のいいところは、各単語(全てではないですが)の同義語、対義語、例文の記載が充実していることです。レベルの高い単語帳になると、その辺の記載がおざなりになっていることが多いんですよね、なぜか。難しい単語だからこそ、そういった記載は充実していた方が記憶の定着を助けてくれます。

なお、この単語帳はRANK1からRANK4までの構成になっていますが、RANK3までやればTOEIC対策としては十分です。そこまでやれば、英検でいうと英検準一級に合格できるだけの語彙を獲得可能です。

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 

 

リスニング

⒍ DIALOGUE1800(ダイアローグ1800)

リスニングは一冊だけ取り組んでみてください。

実はこのテキスト、元々は「文に散りばめられた単語を、文脈から理解・暗記していきましょう」というコンセプトで作られた単語帳です。

ただ、そういったコンセプトの単語帳は『Duo』にお任せしましょう。

このテキストの使い方は、ずばり「ひたすら聞きまくることです。」付属のCDが非常に優秀です。テキストは100回聞いてもどうしてもわからないところだけ開くといった使い方で結構です。

ちなみに、「聞き流し」するのではなく、「がっつり集中して聞く」ようにしてください。

同じ内容を何度も聞いていれば、音の切れ目などが認識できるようになります。

 

実はリーディング用のテキストは今回挙げていません。やらずとも読めるようになるからです。リーディングの学習は、もちろんリーディング教材を読みながらするのでしょうが、読むスピードを自分でコントロールできるため、どこまでもダラダラできてしまうデメリットがあります。

ですから、容赦なく、録音されたスピードで頭に流し込こんでくるリスニング教材が良いのです。リスニング力が高まればおのずとリーディング力も高まりますので心配無用です。

英単語・熟語ダイアローグ 1800 三訂版

英単語・熟語ダイアローグ 1800 三訂版

 

 

TOEIC対策

TOEIC TEST 文法別問題集

TOEIC対策にはこの一冊で十分です!

TOEICが初受験だ」といった方は、加えて公式問題集にも取り組んでおくと安心かもしれません。

 

TOEICはひっかけ問題を散りばめてきます。この問題集に取り組むことで、その傾向と対策を理解することが可能です。

ぱっと見分厚いのですが、実はそのほとんどは解説書なので、是非実際に確認してみてください。

TOEIC TEST 文法別問題集

TOEIC TEST 文法別問題集

 

 

まとめ

たった7冊、されど7冊。

少し英文法に偏っている感がありますが、私はこの7冊でTOEIC900点を超えました。

興味を持っていただけた方は是非トライしてみてください!

 

ちなみに、まだ始めたばかりのこのブログですが、英語の「このポイントにフォーカスして欲しい」といったご要望がもしありましたら教えてください。

超英語音痴だった私がどのように理解にこぎつけられたか、という視点で同じような方に有益な情報をご提供できるかもしれません。

 

Good luck!