I am

語学&一人旅&読書 etc.について「経験」と「気付き」を共有します。

ベトナム・ホーチミンで3万円を盗まれた話ーベトナムの治安ー

ホーチミンの治安ってどうなの」と不安になられている方がいらっしゃるかもしれません。

ホーチミンに限らずベトナムは一般的に治安が良いとされています。

とはいっても日本と同じような感覚で過ごしてはいけません。

 

今回は私がホーチミン到着早々にお金を盗まれたお話を通じて注意喚起しておきたいと思います。犯人は、白タクのドライバー、被害額は3万円でございます。ぼったくりどころの話じゃない!怒

 

先日のベトナム旅行に関する記事で、一人旅の際の注意点として、「白タクには絶対に乗らないこと」と書きましたが、私自身被害者の一人なわけです。。

alooftraveler.hatenablog.com

 

ホーチミンで何が起きたか

f:id:alooftraveler:20170108183859g:plain

 

私は今からおよそ2週間前にホーチミンを旅行してきました。

成田空港19時発、タンソンニャット空港23時過ぎ着予定の便でした。

ベトナム航空はよく遅延することで有名な航空会社ですが、この日も出発が1時間弱遅れ、私が現地空港を出る頃には深夜1時近くになっていました。

 

そんなこんなで結構疲れており…いえ、それは言い訳で完全に私が油断していました。

 

はじめは空港運営のタクシー会社を利用しようと思っていたのですが、どうやら思いの外利用客が多いようで、少し待たなければならなかったのです。

 

待ち時間に空港の外を少しブラブラしていたのですが、いるわいるわ、タクシーの客引き。

私は事前にベトナムのタクシー事情はリサーチしており、白タクの見分け方を頭に入れてきたつもりでした。声をかけられてもひらすら無視を決め込みました。

 

しかし!!

 

ふと一台のタクシーが目に入ります。

「あ、このタクシーはベトナムで乗っても大丈夫と言われてるタクシー会社だな。」

「おや、近くに立っているドライバーがお客を欲しそうにこちらを見ている…!」

「これはきっと他の客を降ろしたばかりのタクシーだな。ラッキーじゃないか!」

(そんなはずないんですけどね…寝ぼけていたのやら)

というわけで、スタスタ近寄って行ってしまいます。

 

今思えば怪しいところは山ほどありました。

まず第一に日本語がうまいということ。東南アジアで日本語がペラペラなおやじは信用してはならない、そう前から思っていたのに…。

第二に、身なりがぼろっちいのです。この時は「こんなもんかな」程度にしか思えなかったのですが。

 

そうして、私はタクシーに乗り込んでしまったのです。

 

こうして私はだまわれた

発車してすぐ、「空港を出るのに駐車料金が必要だから、いくらか前払いしてくれ」と言ってきます。

この時点で「あれ、おかしい」と思います。

 

いくらか聞いてもはっきり答えようとしません。

 

ドライバーは続けて「一番金額が小さい紙幣をくれ」と言います。

 

5,000ドン札がありましたから、それを見せましたが、首を振ってみせます。

どうやらそれでは無いようです。

 

すると、財布に手を伸ばしてくるではありませんか!

 

これは危険だと思いました。

 

タイによく行くのですが、タイにおける典型的な詐欺として次のようなものがあります。

 

外国人風(外国なので当然なわけですが、なぜか欧米系が多い)の男から「今度日本に旅行に行くんだけど、日本円を見せてくれないか。」と聞かれ、見せると奪って走って逃走する。

 

ふとこの手口が頭をよぎりますが、時すでに遅し、財布をとられてしまいます。今思えば取り返せば良かったのですが、変な余裕と驕りが生まれていました。

 

「運転手にも逃げ場がないわけだから、私が監視している限りは心配ない。やれるもんならやってみろ。」

 

結果的に、怪しげな動きはなく、(駐車料金分だけ取られて)財布はそのまま帰ってきたかのように見えました。(駐車料金のお釣りも返ってきました)

 

「ふふっ、観念したか。」

 

と、そのまま財布の中身を確認しないまま、ホテルへ到着。乗車時に提示された料金を支払って、私はホテルへと入って行ったのです。

 

一通り手続きが済んで、部屋に入った後、お金の分散保管作業(万が一のためにお金を分ける作業。財布の中、パスポートの間、キャリーバッグの中、etc.)をする過程で気付きます。

 

 「お、お金が、た、足りない!!」

 

小一時間くらい打ちひしがれていました。

 

ベトナム人は手品師です。

 

タクシーの外観がVINASUNにそこまで似ていたのか、車体脇の電話番号がどうだったか、もはや覚えていません。それだけ気が抜けていたんですね。

 

同じような目に合わないために

⒈ 白タクには絶対乗らない!!

乗って良いタクシーはホーチミンに関する前記事をご参照ください。

 

⒉ 多額のお金を一箇所に保管しない。(早めに分散させておく)

これは強盗、すりにあった場合に備える意味もありますが、抜き取られたりした際に、お金が無くなったことにすぐ気づくためにも必要です。

 

⒊ 自分は日本人であることを心得る。

日本人は東南アジアの詐欺師からすると「良いカモ」です。自分がターゲットにされていることを自覚する必要があります。

また、自分はあくまでも、その国では外国人であることを忘れてはいけません。私も旅慣れというか、自信過剰になってしまっていたために、今回のような被害に遭ってしまったのだと思います。

 

あくまでも予防が肝心です。

万が一あなたが同じような目に遭って、それに気づいた場合でも、無理はしないでください。命が取られてしまっては元も子も無いですから。

 

私もある意味気づかずラッキーだったのかもしれないと思うことにしました。

 

締めに、こんなことがありましたが、私はベトナムが大好きです!

 

それでは安全な旅を!

 

Good luck!

 

広告を非表示にする