I am

語学&一人旅&読書 etc.について「経験」と「気付き」を共有します。

五文型と品詞の力まとめ

これまで、五文型と品詞について学習しました。

念のためリンクを掲載しておきますね。

alooftraveler.hatenablog.com

alooftraveler.hatenablog.com

 

今回は、今まで学習したことを生かして、実際の英文を見ながら五文型と品詞の力を感じてみましょう。

単語には様々な使われ方がありますが、文型のどこに当てはまっているかを確認することで、その単語がどの品詞で使われているか理解することができます。これは辞書を引く際にも必須のスキルと言えます。

五文型と品詞を理解することで、英語学習の基礎が整うのです。

 

目次

 

実際に英文を五文型の要素と品詞に分解してみる

 

 ⑴ He runs very fast. (第一文型)

 ⑵ She is my sister, and she is very beautiful. (第二文型)

 ⑶ I think that small animals are very cute. (第三文型)

 ⑷ I will buy her a present for her birthday. (第四文型)

 ⑸ She makes me crazy. (第五文型)

 

一つ一つ見ていきましょう

 

 ⑴ He runs very fast.

f:id:alooftraveler:20170109164741p:plain

この文の動詞はどれでしょう。"runs"(走る)ですね。

"run"の 後ろに"s"が付いているのは、主語の"He"が彼、つまり「三人称単数」だからです。

SとVだけからなる第一文型です。

"fast"は「速く」を意味する副詞で「走る」を修飾しています。さらに"very"「とても」が"fast"を修飾を修飾し、「彼はとても速く走る。」という意味の文となります。

 

 ⑵ She is my sister, and she is very beautiful.

f:id:alooftraveler:20170109163916p:plain

接続詞"and"が出てきましたね。2つの文をつなぐ役割をしています。she=sister, she=beautifulなので、前後の文はいずれも第二文型であることを確認してください。

"very"は副詞で、"beautiful"を修飾しています。

「彼女は私の姉(もしくは妹)で、彼女はとても美しい。」となりますね。

※"my"は「私の」を表します。複雑ですが、代名詞とも言えますし、形容詞とも言えます。名詞の前についてその名詞が誰のものかを示しますので、形容詞的に使われると理解しておけば大丈夫でしょう。代名詞か形容詞か、ここの議論は英語研究者におまかせしてしまいましょう。

 

 ⑶ I think that small animals are very cute.

f:id:alooftraveler:20170109172638p:plain

「私は小動物はとても可愛いと思う。」という意味ですが、目的語がとても長いですね。これは「節」、より詳しくは「名詞節」と呼ばれ、that以下全体が名詞として扱われます。この記事で後ほど解説します。

なお、"that"の品詞は接続詞となります。⑵の"and"は二つの文を同じレベルで繋げましたが、この"that"は"think"の目的語でしかありませんね。

⑵の"and"のような接続詞を等位接続詞、ここの"that"のような接続詞を従位接続詞と言います。ただし、普通の英語学習者がこういった用語を覚える必要はありません。"that"を使うことで名詞節を作れるとだけ覚えておきましょう。

⑵で形容詞"beautiful"が補語として使われていましたが、この文の"small"は名詞"animal"を修飾するのに使われていますね。

 

 ⑷ I will buy her a present for her birthday.

f:id:alooftraveler:20170109163955p:plain

"buy"は「買う」という意味でお馴染みですが、「buy A(人)B(もの)」で「AにBを買ってあげる」という意味で使うことができます。

"will"は助動詞のひとつで、「〜するつもり」という意味を動詞に与えます。

"for"は「〜のために」という意味で使われています。

この前置詞は何を修飾しているでしょうか。前置詞は動詞も名詞も修飾することができます。この場合は、"buy"、"a present"のいずれでも良さそうですが、「誕生日用のプレゼント」で"present"を後ろから形容詞的に修飾しているとしておきましょう。

和訳すると、「私は彼女に誕生日プレゼントを買うつもりだ。」となります。

 

 ⑸ Wow, she makes me crazy.

f:id:alooftraveler:20170109164008p:plain

最後に短めの第五文型の文を。

「わぉ、彼女は僕を狂わせるぜ。」ですね。me=crazyなので、OとCの関係にあることがわかります。

"make"には「make A B」で「AをBにする」という用法があります。使役動詞とも呼ばれます。

 

「句」と「節」

英文を構成する最小単位は「単語」もしくは「語」です。より大きなまとまりとして「句」と「節」について学習しておきましょう。

句とは

「句」も「節」も2語以上のまとまりを表しますが、「句」はその構成要素にSとVを含みません

 

例として、上の例文の⑷を参照してください。

"for her birthday"は3つの単語からなりますが、これらがまとまることで「彼女の誕生日のための」という一つの意味を作ります。これらはその前の"a present"という名詞を修飾していますので、「形容詞」と呼ばれます。

 

節とは 

「節」は「句」と異なり、その構成要素にSとVを含みます

 

例として、上の例文⑶を参照してください。

"that small animals are cute"が一つの名詞として扱われていると説明しました。

「小動物が可愛いこと」という意味になりますが、"animals"という主語と"are"という動詞が含まれていますね。

ですので、これは、2語以上の単語で構成されていますが、「句」ではなく「節」となるのです。

名詞として扱われていますから、「名詞」となります。

 

まとめ

五文型と品詞は英語学習を始めるにあたっての基礎となります。

意味を調べたい単語が、文の中でどういった働きをしているか識別できなければ辞書も引くことができません。できたとしても無駄な時間を要することになります。

 

もちろん覚えなければならないことは他にも山ほどあります。

ただ、入り口としてこれらを押さえておくことは、今後の英語学習をスムーズにするでしょう。

 

是非常にこれらを意識して学習を進めていってください。

 

Good luck!

広告を非表示にする